上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.24 大事に
古い物でも直してまた使う」
ということをこの国に住み始めてから学びました。(直すの旦那君だけど)

それまで
「壊れたら捨てる」という環境で育ちましたから。敷地も狭かったので使えなくなったものは捨てるということも多かったですし。

この椅子も何度も中央が裂けたけど(旦那君重すぎ) その都度直し 今はPUSS君の昼寝の場所になってます。
      お気に入り

    お気に入り                     
   「僕の体重ならまだ平気、遊び係(旦那君)食べてばかりじゃ無くダイエットしなさい!」

この椅子は、義母がよく面倒をみた方から頂いたものらしく その方が天国へ逝かれる前はこの椅子によく一緒に座りいろんな話をしたそうです。


これからも大事にしようね、PUSS君。

             お気に入り

               「了解したニャり







にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へにほんブログ村 猫ブログ MIX白黒猫へ
↑旦那君ダイエット賛成の方 ポチっとクリックお願いします。

スポンサーサイト
2008.09.22 今週は独身
週末ガーデンシティと呼ばれる街に行ってきました。
ここは1年前まで住んでた街、そして旦那君の出身地でもあります。

        週末


到着した日は旦那君が2,3時間ほど用事があるっていうので私は一人でショッピングモールへ。

そのショッピングモールは私の好きな「中国人マッサージ」がありまして。。。
働きすぎた疲れた体をほぐしてもらいました。

いやー極楽極楽


「物凄い疲れてますね、あなたの体」って言われちゃいました。           
おばちゃん、疲れがなかなか取れないのよね。。。

その次に向かったのは韓国人の方がやってる「ネイルサロン」に行って爪を綺麗にしてもらいました。

「あなたの甘皮、取るの大変です」って。2年弱も何もしてないから ごっつーい甘皮だったんでしょうね。

あっという間に時間は過ぎちゃって洋服見る時間ゼロ。。。
見たい服屋があったのになー。。。。

旦那君はガーデンシティに今週金曜までいるので私は一足先に今日家に帰ってきました。
     週末

ご近所さんにPUSS君の餌たのんだけど やっぱり2晩以上は1人にさせたくないからねー。

       湖畔でランチ

       「また置いてきぼり、今度はどこまで行ってたわけ?」

今日から金曜まで
独身、独身独身生活


何しようかな?旦那君がいるとなかなか出来ないことやっておきたい
って思ってるのに 帰ってきてまず 洗濯、そしてこれから掃除しようと思ってる。。。やっぱりデキタ妻 つまんねー。


今晩からは毎食旦那君が嫌いで私の大好きなもの作ろうっと。

1)納豆なんでも 納豆パスタ、納豆ご飯 など
2)麻婆豆腐
3)エビチリ
4)ナス

納豆は「臭い」 豆腐は「味がしない、でも日本食レストランで食べる揚げ出し豆腐は好き」 エビチリは昔好物だったのに最近好きじゃないと言い出した そしてナスは「嫌い」だそうで。

旦那君が居なくて淋しいハズなのにワクワクしてるのは何故?





にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へにほんブログ村 猫ブログ MIX白黒猫へ ←独身生活乾杯ポチっとよろしく。






2008.09.14 冬眠終了
梅は咲いて 桜はもう少しの南半球
確実に暖かくなってきてます。

週末にもなると近所はガーデニングしてる人をよく見かけたり、芝刈り機の音もあちらこちらから聞こえてくるようになってきました。

鬼社長夫人の私は、実は庭師でもあるので近所から芝刈り機の音が聞こえるとウズウズして溜まりません
出来ることなら自分が一番最初に芝刈りしたい変な競争心がある。

でも先週も今週も先に越されちまった。。。。。

何故なら

最近ずっと週末もガレージでこき使われてる‚®‚é‚®‚é
*現在待機中、本当は仮病使いたいところ

でも一番大変なのは旦那君なんですけどね。
その旦那君も休み無しが3週間続くと 随分お疲れ

家での自営業だと なかなか仕事と家の区切りが難しい事もあって、特に休み無しだと。

なので昨日はお天気も良かったことだし ストレスで凹んでいる旦那君を誘い湖畔でランチしました。
といってもサブウェ○なんですけどね。

             湖畔でランチ

               とても静かで生き返るー

             欲しそうに寄って来たけど、はい さよなら。
             湖畔でランチ
             「BBQソースはちょっと俺たちには濃すぎた


「良いランチ休憩だよねー」
と2人で心をリフレッシュしていたら若造2人がやってきた。
(若者の皆さんごめんちゃい、オバちゃんの愚痴だと思って) 

何もこんなに近いところに停めなくてもいいだろっ
写真を撮ったりまでは良かったけど 一人が海水パンツになって冷たい湖に飛び込んでるのを相方が笑いながら撮影してる
「全然面白くないわっ」とジェネレーションギャップを感じたオバちゃん約1名。
もっと引き締まった美しい体なら話も違ったが。。。

あーあ、素敵なランチブレークが台無しだったわ


              「俺様を置いていくからだぞ」
              湖畔でランチ



にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ ←ポチっとクリックお願いします。












2008.09.10 あおむけ
初めての赤ちゃんが出来ると その子の写真が山ほどあり、2番目 3番目と写真は減っていくと友達は言ってました。

PUSS君は私たち2人の初めてのペットなんで山ほどあるんでしょうね。私たち2人の写真より沢山あるぞ。

昨日前に撮った写真をみてみたら忘れかけてた写真がいっぱい。

前の家に住んでる時はよく私たちのベットの上で昼寝してたんです。
       このように↓

       あおむけ
        シーツの洗濯の日は布団や枕が壁になって守られてるから好き


       またある日は
       あおむけ

         自分のベットでも安心スヤスヤ
         あおむけ

          枕も大好き
          あおむけ

そして今の家に引っ越してからは 何故だか前の家で一度もしなかったソファーでのくつろぎタイム
       あおむけ
         
今日は外で睡眠中


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ ←ポチっとクッリックお願いします



ガレージは男の城、わけの分からん工具が一杯。工具の名前を英語で言われても分からない、そもそも日本語で何ていうのか分からない工具だし。
それぞれの名を覚えられない覚える気ゼロなんで よく怒られます。

そして家の中は私がボス。
うちの旦那は
「開けっ放し大魔王」
冷蔵庫のドアを開けっ放しは100回中100回。
バスルームの洗面台の自分の引き出しも開けっ放し。
いつも鬼妻に怒られます。

よく「外国人の旦那さんってご飯作ってくれたり、片付けしてくれたり いろいろしてくれて優しいんじゃない?」と言われますが

全ての家事=私が全て担当

(PUSS君の餌係りでもあるけれど、旦那君の飯炊きばーさんでもありました。)


洗濯とか掃除はいいんですけど、ランチ&夕ご飯の献立が大変。
なぜかというと

旦那君=絶対肉、肉、肉。
私=肉よりシーフード。よそ様の家に招待される時は「ベジタリアン」で通すことも。面倒なんで。

肉で食べれるのは、ビーフ&チキン&豚のひき肉、最近はがんばったんで鶏胸肉とひれ肉のステーキまで食べれるようになりました。ベーコンは種類によりきり。

なんで肉命の旦那君には申し訳ないんだけど 献立は私中心で作成されます。

キッチンではストレス120%になり、パニクル旦那君でも味にはうるさい、そして何が入ってるとか結構分かるんで作る私は大変ですよ(かなり愚痴になってきました)

でもね最近うるさい口を黙らせる方法発見しました。

それは
「これゴーディのレシピなんだー」
*旦那も私もゴードンラムジーの大ファン

         ゴーディ

              「お世話になってます」

                             *彼のレシピは本当に美味しいですよ


??????? ???? ? ?????



旦那の影響で始めた釣り。魚は食べるの大好きだけど 何故だか丸ごと1匹の魚が触れないんです。。。

今の町に引っ越してきて約1年、新しい釣りスポット探すのが大変ですよ。
そりゃ ある程度{○○はよく釣れる」とか教えてもらえますけど 釣り人として自分のお気に入りスポットは絶対に教えてくれないからさ。。。。

ここがよく釣れると聞いて行ってみたら なかなか良い。その日その日や運、もしかしたら技術もあるでしょうけど 我が家のお気に入りスポット見つけました。

そこは「村」と言ってもいいくらい小さな町。やっぱり村かな???
そこにあるカフェにいる「ラテ」

            ラテ

ちょっと暗いんでわかりにくですが、ラテという名のように「ラテ」の色をしています。
いつも行くとちょこんと座って 通りすがりのお客さんに撫でられたりしてます。
もちろんラテが座ってるテーブルが空いてたらそこが私達のテーブルになります。
エビが好物らしくシーフードピザなど注文したら横でお座りしてひたすら待ちます。

このカフェはオーナーが入れ替わりしても 誰もがラテの面倒をみるそうです。
真冬の間完全にカフェを閉めても 誰か通りすがりの村人達がラテの様子をみにきたり、餌をやりにきたりするそうです。

この話を聞いたのが冬前。正直 心配だったんです。

でも先日久しぶりに行ってみたらカフェもオープン、そしてラテも嬉しそうにしてました。
「あー無事に冬を越したんだね」
と一安心。

これから釣りシーズンだし また毎週のように行くでしょう。

「また 来るね、ラテ」


にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。